マイナスの転職理由

転職活動においては、動機がプラスなものでない場合うまくいかないことがあります。しかし、職場の人間関係や過酷な労働状況を苦に感じて転職を考える人は多いのではないかと思います。離職の動機に多いものは人間関係の不満であり、次に労働時間と給与が釣り合っていないと感じることです。転職の際、後ろ向きの動機を告げるのはよくありませんが、実際に離職するための理由がマイナスの動機であってはならないということには、必ずしもなりません。マイナスの転職理由しかないから今の仕事を辞めるべきではないと日々の仕事に耐えるばかりでは、状況の改善は望めません。現在の労働市場では終身雇用制という慣習が崩れつつありますので、一つの職場にこだわる理由は何もないのです。今の仕事からの逃避が目的となり、辞めたいの一心を転職理由に転職を志した場合、その後がなかなか続かないことは念頭に入れておきましょう。現況からの離脱だけを念じて転職を決意するのでは、転職そのものが目的化してしまいます。転職とは手段であって、どこまでいっても目的にはなりません。転職の理由に逃避的要素が入っていたとしても、必ずしも問題であるわけではありません。ただし、現在の仕事は何が駄目で、どういった点に問題があって逃げたいと思うのか、どうすれば満足できるのか。そういった点をきちんと明確にしてから、転職を考えていく方がトラブルなく進みます。http://www.persiandatanetwork.com/