仕事を辞めたい人は休養も必要

つきたい仕事につき、やりがいを感じ始めていた仕事のはずが、ある時ふとした経験からつまづいて、仕事を辞めたいと思うようになるという事例は少なくないといいます。景気が低迷している昨今、求人自体が少なく、就職は難しい事態が続いています。できれば今のままの仕事を続ける方向性で考えましょう。けれども、働いていて辛いという状況は、早々に解決しなければ取りかえしがつかなくなります。うつを発症したり、体調を致命的に損ねてしまったりということもあります。多くの人が、仕事をやめたいと考える時期があるようです。1人で思いつめず、上司や友人に相談して、突破口を探ってみてください。身近に相談相手がいることで精神的にも心強く、仕事上の悩みも解消しやすいメリットがあります。仕事をやめたいという気持ちが抑えようもなく大きくなったなら、仕事を暫く休むという方法もあります。やめてしまった職場に再雇用してもらうのは、よほどのことが必要です。一時的に休むのと、仕事をやめるのは、天地の差があります。メンタル面で行きづまっていると感じたならば、一旦会社と自分を切り離してみて、じっくり考えてみてください。辞めたいと考えた時に即座に実行するのではなく、フラットな視点に戻った上で、改めて周囲の人に相談してみるのもいいでしょう。仕事をしない時間を有意義に持つことで、辞めたい気持ちがだんだんと薄れてくるケースもよくあります。http://www.j-guide.biz/